FC2ブログ
40歳過ぎからのゴルフ。1年で100切り2年で90切り3年で80切りできた中年美容師ゴルファー。
〝リズム〟
2007年04月11日 (水) | 編集 |
ひっそりと咲くだいこんの花のような人。。。はあと
こんな風に言ったら叱られちゃうかな

私はリズムギター大好きハート3
華やかなソロギターも魅力だけど
隠れた名ギタリストにもスポットをあてたいなぁjumee☆faceA6

バンドの屋台骨を支えるリズム・ギタリストおんぷ
楽器のプレイヤーは一般的にソロ・パートをとって
聴き手に認知されるケースを多く、
逆にソロをあまりとらない奏者はどうしても影が薄くなりがちtear

ポピュラーミュージックの花形〝ギタリスト〟
に関してはとくにその傾向が強く、
例えばバンドスタイルでリードとリズムがいる場合、
ギターファンの耳目はリズムギターには集まりにくい傾向があるjumee☆faceA41

実際は優れたギタリストでありながら、
歌手として成功してしまい、行きがかり上、
ギターでソロを披露するチャンスが少ないというケースもアリjumee☆faceA48
あぁ~なんともモドカシイィィ~…微妙

リードギター・リズムギターという2本のギター、
それにベースとドラムという、
今日でいうギター・バンドの基本形は大まかに言ってイギリスで発達し、
ビートルズの成功によってアメリカで一般化したのねラビューイギリスの先駆者はもちろんシャドウズダブルハート
本家アメリカでも同期時(50年代末)にヴェンチャーズが結成されているけど、
英国でのシャドウズの影響力は、
ビートルズやそれ以降のビートグループにまで及んだという点で、
ギターバンド・スタイルの本流はシャドウズにあると見て間違いないでしょうねjumee☆faceA18

シャドウズのハンク・マーヴィンを支えた
リズム・ギタリストブルース・ウェルチをまず最初に挙げておきたいなハート

比較的大きなストロークでゆったりと刻むウェルチは
決して前のめりのビートにならず、
しっかりとバンドサウンドの屋台骨を支える、まさに
リズムギタリストの鑑おんぷ

エレクトリック、アコースティック・ギター共に抜群のコントロールをみせるラブハート
日本のファンによく知られた〝紅の翼〟での、生ギターのフラット・ピッキングによるアルペジオや、
〝ニヴラム〟でのマーヴィンのメロに対するハーモニーなど
〝セカンドギター〟としてのプレイも特筆すべき人だと想ふテレテレ

あぁ~悲しい
今日もダラダラとまとまりの無い文になってしまいましたjumee☆faceA42

ちょっと控えめに見えても、実はしっかりと存在感のある
無くてはならない強烈な男性ハートリズム・ギタリストのような男性jumee☆faceA52
めっちゃタイプです絵文字名を入力してください

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック