40歳過ぎてからのゴルフ。1年で100切り2年で90切り3年で80切りできた中年美容師ゴルファー。最近ゴルフ熱がなぜかダダ下がりちぅ↓
2011年10月09日 (日) | 編集 |
今日はギターの団塊世代といいましょうか。
大好きなジョンスコ、パット・メセニー達らと同世代の
リー・リトナー&マイク・スターンのDVD垂れ流し三昧の日曜日でした。

2011.2
LEE RITENOUR & MIKE STERN "Freeway Jam~Lay It Down"

LEE RITENOUR & MIKE STERN "Smoke 'n' Mirrors"


いつもブルーノートへ行くと思うんですが
カップルばかりなんですよ。
薄暗いからわかり難いかと思いますがね。
偶数組なわけです。

私、いつもひとりで見に行くもんですから
合い席になりテーブルに3人となるわけ。
ワインもチーズも頼み難いシチュエーション。
音が始まるとどーってことないんですが、
始まるまでの間がなんともビミョウなんですわ。

リトナーはとっても個性的で
テクニックは文句なく完璧。
もう凡人が近づけない領域と言いましょうか。

マイク・スターンはとにかくメカニカルでクロマティックな展開から
ロックスタイルまでワープできちゃうギタリストです。
痛快で潔い感じ。
たとえばジム・ホールとクラプトンから引き継いだ遺伝子が
彼の中でしっかりと歩きだしているよう。
サイモン・フィリップス
メイヴィン・ディヴィス
ジョン・ビースリー

LEE&MIKE

とにかくこのトップミュージシャン5人ヤバかったです。
私どう帰ってきたか全く覚えていません。
気が付いたら朝、ホテルの食堂で知らないおっちゃんたちと
朝ごはん食べてましたわ。

ジェフ・ベックの名曲「フリーウェイ・ジャム」ではじまったライヴは
珍しくレスポールを抱えるリー・リトナーの流れるようなフレーズと、
荒々しくもスウィンギーなマイクの超ハイレベルなスーパーセッションでした。
個人的にはサイモン・フィリップスのスーパープレイに脱毛いや、脱帽です。

もし私をあちらこちらで見かけたら、
さりげなく「合席バンザーイ」笑顔で指さしてくださいませ。



最後まで読んでくれて((ヾ(。・ω・)ノ☆゚+.ァリガトゥ
応援してくれるとい嬉しいです♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト