FC2ブログ
こんな人です

ひー

Author:ひー
年齢:アラフィフ美容師
家族:男ダラケ あんず♂
趣味:料理・陶芸・園芸・
大型バイク・ギター・ ゴルフ

40代半ばからゴルフに挑戦。
1年で100切り、2年で90切り、
3年で80切りできたおばちゃんブログ。

2018年夏に突然、
紫外線アレルギーを発症。
その他モロモロ絶望ビリー。

2020/01/04保護猫あんず君の
里親になりました(=^x^=)

独断と偏見でぶった切りの
遊牧民族たまに毒吐きもアリ。

■ゴルフ歴2013/05/05から開始 
■100切り記念日 2014/07/29
■90切り記念日 2015/05/04
■80切り記念日 2016/06/14
◆ベストスコア 
LT75 2016/06/14
RT76 2018/05/23
◆JGA/HDCP 9.2(2020/01現在)

☆*゚ ゜゚*2006.12.27*゚ ゜゚*☆

※ブログ内の画像・文章の無断転載はお断りしております。

月別アーカイブ
参加しとります

【観覧注意】自殺の淵にあったときに得ることができた「気づき」

※私自身の体験に基づいて個人的に思うことです。
 観覧にはご注意ください。



川崎殺傷事件をめぐりネット上で議論になっている
「死にたいならひとりで死ぬべき」という論争。
連日のように各番組で繰り広げられています。


事件が起きた5月28日に、
落語家の立川志らくさんが
情報番組「ひるおび!」で
「死にたいなら1人で死んでくれよ」などと発言。
ネット上には賛否が次々と投稿されていましたね。

「一人で死ね」っていうことは、
要するに、甘えるなってことだと思うんです。


「自分が死ぬなら他人を巻き込むなよ」
って思うのはみんな同じ感情だと思う。

ただ、どんな時も命は大切で、
人の命を勝手に殺めてはいけないのはもちろん、
自分の命も大切にしなくてはいけないって事は
みんなが思ってなくてはいけないよね。


今までの育ち方とか環境とか色々な要因で
いわゆる普通の生活が営めない人も
見えないところにたくさんいることを
知っている人たちは、
そのワードがどれだけ危険か判っているから
控えてほしいといっているのだと思います。





この犯人は、自分も死んだわけですよね。

自分の命もたいして重く見ずに、
自分が思っているような自分じゃなかった、
生きててもしょうがないと思っていたのでしょう。


IMG_2727_convert_20180124112839.jpg


私も中学生の時に、
何の感情も無くなった時があったんです。

物を食べても、味もしない。
何をしても面白くない。
誰も信用できない、何も信じない。


孤独感や疎外感は誰でも持つ感情で、
たまたま酷く心が弱っていれば、
社会と遮断したくなるんです。


そういう時に
「このまま死んじゃおうかな」
っていうぐらいまで思い詰めるんだけど、
そうなっちゃうと、
自分も人の命も大切には思え無くなっちゃうの。


だけど、そんな頃に
近所に住む大学生がいて
毎日、自宅の倉庫でギターアンプ通して鳴らしてたの。
ヴァン・ヘイレンのギターソロなんかが
聞こえてきてね。

週末なんかは友人達が集まって
爆音でコピー演奏してたのを覗きに行くようになって
急に感動が戻ってきたんですよね。


何を見ても感動できなかったんだけど、
その時の私には、上手いのか下手なのかわからない
大学生の洋楽コピーバンドから
いろんなことに感動して、
いろんなものを好きになっていったの。


IMG_6794_convert_20190602174150_convert_20190602174353.jpg


たくさんの歌や音に感銘を受けて、
それに気づけた自分を好きになるってことで、
人物や歴史、ルーツ、ファッション、楽器、音楽理論、
そういうことに心を動かされた自分って
捨てたもんじゃないなって思えると、
他の生きている生物や人間たちの命も、
愛おしく思えるっていうか。


IMG_5092_convert_20190417193434_convert_20190602174327.jpg


私は運よく一人で見つけることができたけど、
川崎殺傷事件の犯人は、
見つけられなかったんだと思う。

恐ろしく感じてしまうかもしれないけど
すぐ近くにいると思うんです。
彼のような人が。

今、自分死んでもいいって思っている人は、
もうちょっと先に、それを見つける
きっかけさえあればって思うんです。




「長期化する引きこもり」「8050問題」
深刻な社会的問題があります。

プライバシーの問題もあり、
他人が不用意に介入するのは難しい時代。

けれど、大事なのは周囲の人が偏見をもつことなく、
立ち直りを見守っていく寛容な社会も
必要なんじゃないかなって思うんです。


一人で死ぬか…
みんなを巻き添えか…

やっぱりこの論争はナンセンス。

家族、友人、隣人、自分だって
いつか陥るかもしれない。

こういう人をどうやったら孤独から救うかを
対比しなきゃいけない時期に来ていると思います。





最後まで読んでくれて
・:,。★\(^ω^ )♪ありがと♪( ^ω^)ノ★,。・:・゚
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村
ポチッとしてくれたら励みになります。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト



COMMENT

「○にたいなら一人で○ねべき」、それに反論する人もちょっとズレてると感じてます。

TVもあまり見てないし、あくまでも私の推測ですが、
この意見を発した人も、せめて○ぬ意思のない他人を巻き込むくらいなら、という前提での発言と思います。
それに対して、自○企図を持ったすべての人を前提に反論するというのではかみ合わないですよね。

(禁止キーワードに引っ掛かって当初の文章から変更してます。)

こんにちは。

第三者からしたらまさに志らくさんの意見に賛同するんだけど、ただ、そもそもこういう凶悪犯には何の効果もないのが現実だろうね。

俺はたくさんの人を巻き込んでやる!と覚悟を持たれたら、他人がどう言ったところで抑止力とはならないでしょう。

そこが、こうした通り〇的であり、最後には自〇を持って凶行に及ぶ犯罪を防止するのが難しい点。

大人が一緒にいたところで不意を突かれたら、大人も巻き添えになるだけ。
相手が素手ならともかく、凶器を持ってたら、警察や自衛隊など、訓練された人でなければ逃げるのが最善であり、かつ唯一の手段。
とはいえ、不意を突かれたらそれすらできないわけで。
ひーさんの仰る意味、理解していますよ。

わかりますよ。子を持つ親として当たり前の感情。

でもそれだけじゃ犯罪は減らないでしょう。
今回のような無差別殺人はどうやったって防ぎようが無い。だったら事件を起こす人間をいかに減らすかを考えていかないと。
ひーさんの言いたいことは胸に伝わってきますよ。
自ら福祉に携わって、親でもあるからこそ自論を展開したのですね。

犯人がなぜ犯行に至ったのか、
どんな闇を抱えていたのか。
犯罪者の多くはやはり家庭環境に問題があったケースが多い。
最近の幼児虐待とも繋がってくるのでは?
家族に大切にされなければ自分を大切にできない。
そうすれば必然と周りを大切にする事だってできない。

同じ境遇でも健全に生きている人はいる。
でも1人1人のキャパには差があるんだとおもいます。
虐められても強く生きられる人もいれば
自殺を選択してしまう人もいる。
他人を傷付ける人もいる。
何か1つ歯車が違えば違う結果になる。
だから人との関わりが大切なのだと思う。

もちろん被害者遺族の方の前では言えませんし、
言う必要も無いと思います。

お邪魔致します。

子供に刃を突き立てるのと同様に、自分に刃を向けることもよほどの感情の高ぶりと覚悟がないとできない。

それほど追い込まれた犯人あるいは犯人になろうとする人たちに対して「〇〇たいなら一人で〇〇」なんて言っては、「こいつは何もわかってない、社会に分からせないといけない」と行動に出る可能性も否定できない。

志らく氏の発言はごく一般的で大多数の視聴者の感情を代弁したものであるが、そんな事は他の出演者も承知であえて言わないのが影響ある芸能人の大人。

しかし志らく氏だからこそ言える言葉とも。
決して思慮を欠いたわけではないだろう。

悪魔の立場になって考え分析するのは専門家のお仕事で必要なこと。
その結果を汲んだ上で自身の考えを伝えるのがコメンテーターのお仕事。

1つ1つのお仕事が社会を少しずつ改善して不幸な事件がなくなればと願うばかり。
今回の一言もその一石となれば。

はじめまして。

同じ社会で起こった凄惨な事件では、
被害者は最も共感を寄せやすい対象だ。
そこに圧倒的多数の同情と感心が集中し、
その視点からの発信ばかりになる。
感情としては当然であるし必要な視点ではあるが、
これはすぐにバランスを失った議論に陥る。

それはあたかも、
ボールばかりを追ってそこに常に群がる
子どものサッカーに似ている。

同じ悲劇を繰り返さないためににどうすべきか。
当事者ではない第三者だからこそ、
加害者と被害者という枠組みを超えた
社会全体を見据えて考えるべきではないか。

貴女は物事の表裏をしっかりと見つめているのですね。
けして感情論でもなく、御自身の経験と
現在向き合う人々の現状を知らなければ、
こうした記事は到底書けません。
頑張ってください。

No title

引きこもりがちな成人男子の母親です。

完全に引きこもりにならないように、一定のお金を渡し、昼は外食させています。

本人が心療内科にかかりたくないので、私が相談に行きます。

本人ではない為、自費です。

色々お金かかりますが、今、少し改善の兆しが見えてきました。

少しホッとしたせいか、私自身の体調が悪くなってきました。

とにかく、家庭内で解決しようとせず、外と相談する事。
すぐには解決しないので、親も子も早いうちに何かしら外へのアクションを起こすべきです。

親が現役であれば多少の出費もなんとかできます。

老人になってからでは、気力も体力も辛すぎになります。



世間の人は、引きこもりの成人の子を抱えた人について、子育に失敗した人と思わず、よくある事だよ、親だけでも心療内科に相談したら、って言ってあげて下さい。


決して人事ではありません。
経験した人にしかわからない苦悩です。
ひーさんは苦悩を味わっているからこそ
強い母親になれたのですね。そう思います。

芝刈り夢想さんへ

もし私が被害者遺族側だったとしたら、、、
そう考えると恐ろしくなります。

長い間の子育ての中には理不尽な思いも経験しましたが、
子供のために身を挺することは
なんらおかしな事とは思いません。

けれど、我が子を傷つけたのだから◯んでもいい。
とは思いませんでした。そこが辛い心情な訳です。

日本の社会は一斉にみんなと足並みをそろえて当然、
そうじゃない人を排除する。
世の中にはいろいろな人がいると思うことを
教えることも大切だと思うんですよね。

貴重なご意見ありがとう、芝刈り夢想さん。

通りすがりのサラリーマンさんへ

お忙しい中、貴重なご意見ありがとうございます。
通りすがりのサラリーマンさんのおっしゃる通りですよね。

「○にたいなら一人で○ぬべき」論争は
凶悪犯へは何も効果がありません。

もしかしたら問題を抱えていらっしゃる御家族などへ
より強く追い詰める言葉になりうるかもしれません。

連日、常軌を逸した残酷な事件が起きています。
犯罪を防止するのが難しい現状だからこそ、
通りすがりのサラリーマンさんのおっしゃるような
心構えも必要になって来ますね。

PUWATER77さんへ

PUWATER77さん、貴重なお言葉ありがとうございます。

こうした事件が起こるたびに
受け身にならずに自分の気持ちや考えを
形にしていかなくちゃと思って記事にしました。

福祉美容の仕事をしていると、
病院、老人施設、精神科病棟、養護学校、
孤児院、少年院、警察署と様々な場所へ行かせて頂きます。

自分の生まれ育った環境と経験を重ね合わせると、
もしかしたら自分は向こう側にいたかもしれない。

自信を持って違うとは言い切れない自分がいるのです。

このご時世、悩んでない人なんていないだろうし
今、この瞬間にも自◯を考えてる人もいると思います。

でも、自まるをする勇気より立ち止まる勇気を持って欲しい。
人生を立ち止まることに恥も焦りもする必要はないし、
長い人生なんだから立ち止まって周りを見回し
新たな道を見つけてまた歩んで欲しいと思います。

xl883乗りの爺さんさんへ

xl883乗りの爺さんさん、貴重なご意見ありがとうございます。

被害者御遺族を思うと本当に心が痛く、
今も涙が溢れて来ます。
志らく氏の発言は大多数の一般的な感情を
代弁してくださったものと理解しています。


ここまで凶暴になれる攻撃性の強い人格。
これは脳の構造だと思います。

人は先天的な生まれ持った性格と
後天的な環境により人格が形成されますが、
「自分は生まれて来ては行けなかった」
コントロール出来ない自分に苦しみながら生き、
高齢の親の苦悩も想像出来ます。

子供の頃の行動にも現れている
自分の中に眠る攻撃的な人格。
強い拒絶が予想され「引き金を引かせない」
現状維持を貫き見届けるのは
とても困難な環境だったのでしょうね。

injiang390 さんへ

injiang390 さん、貴重なお言葉とお気遣いを
ありがとうございます。

今は亡きスティーブジョブズは全くの他人に養子して貰われて、
その養父母は大変な愛情を注いで育てたそうです。
それでも”捨てられた”と思い相当苦しんだとのこと。

日本の社会は一斉にみんなと足並みをそろえて当然、
そうじゃない人を排除してしまう傾向があります。
そこがバランスを失った議論に陥る要因かと思います。

世の中には様々な環境に育ち、
いろいろな人がいるんですよね。

日本だと親族がまず第一に面倒を見ることになっていますが、
他国の事例のように愛情のある夫婦で
子供に恵まれない人が面倒を見ることも
考えてもいいと思うんです。

ネガティブなことを先に考えがちの日本ですが、
jinjiang390さんが仰る、
ボールばかりを追ってそこに常に群がる
子どものサッカーのように私たちがならないためにも。

日々頑張ってるお母様へ

貴重なお話を聞かせて頂きありがとうございます。

日々、頑張っておられるのですね。
とても逞しいお母様だと思います。

私の経験は私自身のことなので
なんとかやり過ごすことができました。
今となってはこうして話すことができます。

しかし我が子が対象となると
母親としてはとてつもない苦しみだと思います。
どうかお体にはくれぐれも気をつけてお過ごしくださいね。

息子さんは社会に対する恐怖を持ち続けているのかもしれませんね。
恐怖が分化できていないと過剰な怒りや不安に
駆られてしまうと聞いたことがあります。

みんながみんな、外向的で社交的なわけがないのに、
何故か学校から社会と外向性、
社交性が求められるのが人間社会です。

成人した大人が社会に適合できないと
一括りにしてはいけないし、
それは結果本人を傷つけることにもなると思います。

繊細な問題を繊細な精神状態の人が
抱えているのが引きこもりなので、
素人や力技でどうにかできるものでもないのだと思います。

子育てに失敗したわけではなく、
こもるなりの理由もあるし、
息子さんにとってその状況や時間が
本当に必要なのかもしれませんね。


もしこんな場所でよろしければ
いつでも気軽に息抜きに来てくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

あまりいい言い方ではないかもしれないけど、
川崎から練馬の事件を経て、引きこもってる人達が、
将来的に自分達が加害者ではなく
被害者になる可能性があるって
危機感を抱いてくれればいいなと思う。
その中で家族に暴力をふるってる人がいるなら特に、
そのツケをいつか家族からの暴力で
払わされる羽目になるかもってことに気付いてほしい。

所詮は上部だけの対応

支援とか何処か相談する所無かったのかとか
相談してればなど言うけど
あっても結局上辺だけのマニュアル的な
対応しかしないのも現実。


本当に他人の家族の事を思って考えてくれる人なんて
皆無に等しい。
だからこそ他に相談しても結果変わらないから
家族でどうにかするしかないって
思う人がほとんどだと思う。


今回無差別事件を起こした犯人も
義理の親が色々相談してたけど、
結果的に防げなかった。

よそに相談して解決出来る事なんて
ほとんど無いと思う。



ひーさんのように恐れず
ブログで自分の考えを書いたりする人なんていない。

聞かれれば何だかんだ言う人はいるけど、
これが自分の考えですとは言えないでしょ。

結局は自分自身を変えるのも自分次第、家族次第
他人なんて結局他人なんだからって人が多いってこと。

taca4-86 さんへ

taca4-86さん、おはようございます。
貴重なお言葉ありがとうございます。

仰る通りですね。
事件を起こしてなくても、
こうした息子・娘を抱えてる家族は多いはず。

外部へ相談する勇気と仰いますが、そこへ相談したところで、
未来ある10代ならまだしも、
自暴自棄になった中年に対して何の助言が出来るか。

無責任な助言、中途半端な面会がトリガーになり、
攻撃性を増す場合だって考えられるのです。

練馬のお父さんを擁護するわけではないですが、
他人に危害が及ぶ前に家族で解決する、
と考えた気持ちは十分理解できるし、
本当に気の毒でならないです。

リアルで問題を抱える家庭内は
机上の理屈なんて通用しないのかもしれません。

million735 さんへ

million735 さん、おはようございます。
貴重なご意見をありがとうございます。

私の場合は経験して感じた事を書いているだけです。
正直、million735さんが仰るようなことを
感じることも多々ありました。

親が居ない同じ立場から言わせていただくと、
実子との差は至る所で感じますし、
普段の会話、学校、教育、食事、
病気になった時の対応など様々です。

そんな事で?と思うかもしれませんが、
寂しい心を抱えた子供が毎日毎時間
それに晒される事を考えてみて欲しいと言っても
無理なことかもしれません。

幸い私は周りに恵まれて、
自分の意思で早く家を出ることができましたが、
外界から遮断されて、毎日己との向き合いばかりで通信手段もない…
となると自然と家族に関係する場所や人に恨みが向かうのかもしれない。

いまだに自己肯定感の低さに頭を抱える時もあるんです。
それほど幼少期って大事ですよね。

しかし、親になった今、
突然他所の子を自分の子と同じように…と言われても難しい。
自分はどれだけできるだろうかと考えます。
皆、今いる子供を精一杯愛情を持って育て、
時に叱って欲しいと心から思います。

No title

ひーさん、どーも。毎日足跡残しに来ているマルオです。
今朝はなかなかページが開かなかったよ。たくさんの人が観覧してるのかな。
それにしても世の中は理不尽に出来ているよね。
まじで割りきれるか割りきれないかだと思うよ。
産まれた時からそれぞれ差があるんだから。
兄弟でさえ差がある。割りきれなければ、差を恨み、家族を恨み、社会を恨むようになる。割りきるには辛くても世の中に出なければならない。まるで僕の話だね。
ひーさんは前に僕にとって言ってくれたしょ。
世の中は理不尽だが、無限の可能性があるよって。
引きこもり有限の可能性にすがるよりも、社会に出て無限の可能性に心を踊らせる方が良いと思うってね。
世の中に疲れて小休止するくらいなら良いのかもしれないねって言葉に救われたんだよね。ありがとう。
毎日仕事頑張っています。

No title

私も若い頃は何度も会社が首になって、社会に反抗心があり、社長の家に放火を妄想したこともあります。

心にあったのは、両親であり、学生の時の友人であり、少ないながら、私を慕ってくれた人でありました。

こういう存在がなければ、私も犯罪を犯したかもしれない。

ずうっと誰からもプライドを傷つけられっぱなしの鬱憤が、ついに理性を乗り越えたということだと感じます。

川崎殺傷事件の犯人は統合失調症という話もあるが、
統合失調症とは、社会との戦いに過ぎない。
過去の経験から、社会そのものが敵になるのは理解できますよ。

こんにちは

川崎のように起こしてしまえば日本中から憎まれ1人で●ねと言われる。
親に●されたんなら、あーかわいそうにですって。


私の娘も以前は引きこもっていました、4年ほど。
注意をすると家の中で大声を出しながら暴れて、何度か娘に叩かれ蹴られたこともありましたよ。

今では社会に出て、あの地獄のような4年はなんだたのかと。

何度も何度もひーさんの記事を読み返しました。来訪者へのコメントも全て拝見しました。
私の娘にこんな友人がいたなら、どうだったか。こんな姉妹がいたらどんな言葉を掛けたか。
そんなふうに考えます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マルオさんへ

どーも!(*´∀`*)マルオさん!

コメ残してくれてありがとう!
毎日足跡を残してくれてありがとう。
なんだか、ありがとうばっかりだね。

マルオさんが自分で気がついて
自分で行動したんですよ。
もっと自信を持って過ごしてください!!

そうそう。
ちょっぴり疲れたら小休止していいんだよね。
休憩することは何ら悪いことじゃないよ。

自分のために頑張れば、いつか周りのためにもなるんだから。
私もマルオさんを見習って頑張りますよ!

上萩原からのさんへ

上萩原からのさん、貴重なご意見ありがとうございます。

たくさんご苦労なさったのですね。
辛い経験をしても、周りの方々に感謝の気持ちを忘れない
上萩原からのさんは立派で優しい方と思います。

心の支えになるものは決して、
身内、他人、人数とは全く関係ないんですよね。
5人居てもたった1人でも、
自分が素直になれる相手なら良いと思います。

川崎殺傷事件の犯人にもそんな存在がいたなら…
もっと違った生き方になれたのかもしれませんね。

長岡のおばさまへ

長岡のおばさま、
貴重なお話を聞かせていただきありがとうございます。

娘さん、今は無事に社会復帰なさったんですね。
それは本当に良かった。

4年間、娘さんはもちろんですが、
御家族もとてもお辛い毎日をお過ごしになったのでしょうね。
お体は大切にしてくださいね。

このような一個人のブログを何度も読んで頂いて
ありがとうございます。
どうか、そのように思ってくだされば幸いです。

長岡のおばさまも娘さんも、
これから先の明るい未来の想像を楽しんでしてくださいね。
きっと楽しいことがたくさん待ち構えていることと思います。

No title

震災が起きれば、絆だとか思いやりだとか、
オリンピックになれば、おもてなしだとか、
いかにも人の気持ちが分かる国民性というようなことが
声高らかに発信されるけれど、こういう問題になると、牙を向いたように、
異様に冷たい非難ばかりする人が次々と出てくる。
本当に思いやりのある社会なんだろうかと疑問で仕方ない

殺したことを親としての責任を立派に果たしたなんてコメする人もいた。
間違っていると思う。

Kodak1963 さんへ

Kodak1963さん、おはようございます。
貴重なご意見ありがとうございます。

確かにKodak1963さんの仰るように
感じる時が多々あります。
その時の立場や環境によっても
感じ方見え方が変わってきますよね。

これは日本人の国民性を外国のブラックジョークで
表しているそうです。

世界各国の人々が乗った豪華客船が沈没しかかっています。
しかし、乗客の数に比べて、脱出ボートの数は足りません。
その船の船長は、乗客を海に飛び込ませようとしますが…
さて、船長が各国の人を飛び込ませるために放った言葉とは...
という問いかけに、

アメリカ人に対して・・・「飛び込めばヒーローになれますよ」
ロシア人に対して・・・「海にウォッカのビンが流れていますよ」
イタリア人に対して・・・「海で美女が泳いでいますよ」
フランス人に対して・・・「決して海には飛び込まないで下さい」
イギリス人に対して・・・「紳士はこういう時に海に飛び込むものです」
ドイツ人に対して・・・「規則ですので海に飛び込んでください」
日本人に対して・・・「みなさん、もう飛び込んでます!」

日本人は、諸外国からも同じ事をすると
安心する国民性だと思われているそうです。

それはとても容易で時に危険だと思えてなりません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント

お便りはお気楽にどうぞ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR